今、見直されてきている自然葬

###Site Name###

核家族化や少子化によりこれまでの家系による墓の継承が難しくなったり、現在のうわべだけで費用が嵩むだけの葬送習俗への批判から、遺骨を自然へ還したり、墓標に墓石などの人工物を用いない自然葬を望む風潮が強くなってきています。自然葬は遺体や遺灰を土や水に還すことで自然の大きな循環の中に回帰していこうとする葬送の方法です。



狭義では散骨と同義で、広義では風葬、鳥葬、土葬、樹木葬など自然に回帰するような葬り方全般を指すというとらえ方になります。

ガジェット通信の有益な情報を提供します。

自然葬は葬儀される人が自然に帰りたいという願望をかなえるために生まれたタイプと環境を守るため墓地に人工物をおかず里山を保護しようという理念から生まれたタイプの2つがあります。



散骨や風葬、鳥葬など墓に入らない葬送は世界の各地で行われており(いくつかの国では遺灰を自然に還すことが法律で禁じられている場合があります)、日本でも古代から遺体や遺灰は海や山に還すのが主流でした。しかし、江戸時代以降の寺檀制度の整備や明治政府の国家的規制により、死んだら墓に入らないといけないという固定観念が出来ました。
さらに、第二次大戦後に遺骨遺棄罪などの法律で規定され、散骨は一般的には違法行為と受け止められていました(節度をもって行われる限り、違法行為に当たらないというのが現在の見解です)。

1990年代ぐらいまでは一部の有名人が自然葬を望むケースが多かったのですが、2003年の日本消費者協会の調査では自然葬について、一般の過半数以上が肯定的な回答をし、今では社会的な合意の輪が広がってきており、樹木葬などのサービスを提供している葬儀会社も出てきています。