結婚披露宴に出席された方への手土産として用意される引き出物は、自宅まで持ち帰るので、今まではなるべくかさばらず軽いものが好まれてきました。

結婚式に駆けつける方のなかには、遠方から来られた方やあまり重い物をもつことができない高齢者やヒールを履いている女性もいらっしゃいます。

そのため、最近の引き出物の傾向としては、持ち運びの負担が少ないカタログギフトとバームクーヘンのような日持ちがする引き菓子をセットにして参列者に配るのが多いです。

しかし、持ち運びのことを考えると引き出物の選択肢が狭まってしまうことと年配の方にはカタログギフトは味気ない印象を抱かれる方もいます。

最近は、引き出物を結婚式の後に参列者の自宅に直接宅配するサービスも増えています。

この宅配サービスのメリットは、食器などの重たい品物も引き出物として選ぶことができるため、選択肢が広がります。

また、出席者の持ち運びの負担をなくすことができて喜ばれるのもメリットです。

また、新郎新婦側としては、宅配にすることで結婚式場に対して持ち込み料などの手数料を省くことができるのも魅力です。

通常、結婚式場の多くは、提携している業者以外からウェディングドレスや造花、参列者への手土産品などは「持ち込み料」という名目で別途料金を上乗せされるケースが多いです。

宅配であれば、提携している業者以外のところから品物を選ぶことができるので自分の気に入ったものを選ぶことができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *