墓じまいの具体的な流れ

###Site Name###

墓じまいの流れを具体的に把握しておくことで、スムーズに出来るだけ進められるようになります。

具体的な流れを説明します。

まず、お墓の管理者にお墓の解約や撤去の申請を行います。


ここで正式に受理されれば、墓じまいの次の段階へ進められるようになります。次に、石材店に複数の見積もりを行ってもらえば、出来るだけ安く抑えられるようになるのでお勧めです。

しかし、寺院や霊園では場合によっては、管理者の指定の石材店でしか依頼出来ないケースもあるので注意が必要です。

そして、石材店が決まったら、工事日を決定して計画を立てます。



その際に、仏式のお墓は事前に御霊を抜いて読経を行う供養が行われ、その後に遺骨の取り出しを行います。

その後に、お墓の撤去が行われて、整地まで済ませると墓じまいが完了します。

遺骨を取り出す日には、一般的には立会いをするのが普通です。

墓じまいをするのですから、最終的な確認にもなりますし、供養を行うためにも立会いが必要とされます。また、工事が全て完了した時に確認する必要もあります。


具体的な流れは、このような段階を経て行われますが、寺院運営か公営や民間の運営かによっても、墓じまいのやり方が変わってくるケースもありますし、時間がかかる場合もあります。遺骨を取り出した後の対応をどうするのかも予め希望をまとめておくことも必要です。



特に、寺院運営の場合には、遺骨を取り出しても、その後に成仏が出来るためにも、永代供養を勧められることも多くなるからです。

BIGLOBEニュースの情報をお知らせします。