墓地の維持管理に困らない樹木葬とは

###Site Name###

少子化の進行により、墓地の維持管理が困難になりつつあります。

地方や都会に関係なく、荒れ果てた墓地をどうするかが大きな社会問題となっているのです。
そこで最近になって注目を集めているのが永代供養です。永代供養とは墓地の維持管理と供養を寺院や霊園に任せる方式です。

個人墓や集合墓の違いはありますが、納骨堂タイプやロッカータイプなどさまざまなタイプのお墓が登場しており、今後もますます増えてくることが予想されています。

このような永代供養をしてもらえる埋葬方法の一つに樹木葬があります。

樹木葬とは墓石の代わりに樹木を墓標とするもので、いわゆる自然葬の一つです。

自然葬は墓石に遺骨を納めてもらうのではなく、散骨などにより遺骨を自然に還す埋葬方法のことをいいます。

自然志向の高まりを背景に、近年はこの自然葬を選択する人が増えてきました。

散骨の場合と異なり、樹木葬は目印となる樹木が存在するので遺族がお参りすることもでき、身近な自然葬のスタイルとして注目を集めています。



また樹木葬は基本的に永代供養となります。

樹木が植えられているだけですので維持、管理のために手間をかける必要もありません。

後々の子孫に負担を残さずに済むのもこの埋葬方法の魅力なのです。

livedoorニュースに関しての情報が閲覧できます。

しかも従来のお墓に比べて初期投資にかかる費用も格安です。



現在は数多くの霊園や寺院がこの樹木葬を取り扱い始めていますので、興味のある人はインターネットなどで調べてみましょう。